国際

米、中国人記者の滞在日数を制限 中国の米有力紙排除に報復措置

 【ワシントン共同】トランプ米政権は11日、中国人記者の米国滞在を90日間に制限する措置を官報で公示した。滞在延長にはその都度、追加申請が必要になる。中国政府が米有力紙の中国駐在記者を事実上排除したことへの報復措置。互いの国で活動する報道機関への対応を巡り、米中対立が一段と激化しそうだ。

 新型コロナウイルスに関するコラムを巡り、中国政府が2月中旬に米紙ウォールストリート・ジャーナルの北京駐在記者3人の記者証を取り消したのが発端。米側は報復として、米国で活動する中国国営通信の新華社など中国共産党・政府系メディア5社の管理を強化し、記者数に上限を設けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス