政治

加藤厚労相「誤解」発言を釈明 言葉適切だったか真摯に受け止め

 加藤勝信厚生労働相は12日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の相談・受診目安が誤解されていたとの自身の発言への批判に関し「言葉が適切だったかは真摯に受け止めなければならない」と述べた。同時に「保健所に責任があると申し上げているのではない」と釈明した。

 加藤氏は8日の会見で、受診目安がPCR検査や診察を受ける基準のように扱われたことに関して「われわれから見れば誤解」と発言した。

 立憲民主党の枝野幸男代表が11日の衆院予算委員会で、PCR検査を受けられなかったとの苦情は多く寄せられていると指摘し「厚労相は責任転嫁をしている」と批判していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス