経済

中国、対米追加関税新たに除外 79品目、合意実行アピール

 【北京共同】中国国務院(政府)関税税則委員会は12日、米国からの輸入品に課している追加関税に関し、新たな対象除外品を発表した。医療用消毒剤や金属類など79品目。新型コロナウイルス感染拡大を巡り米中対立が激しくなる中、米中貿易協議「第1段階」合意を着実に実行する姿勢をアピールした。

 8日に劉鶴副首相がライトハイザー米通商代表と電話協議し、合意実行に向けた条件を整える意向を示していた。

 品目は2018年に発動した追加関税「第2弾」の商品の一部で、今月19日から来年5月18日までが除外期間となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス