国際

英国、段階的な制限緩和スタート 死者増で「拙速」批判も

 11日、英ロンドンで記者会見するジョンソン首相(英首相官邸提供・ロイター=共同)

 【ロンドン共同】新型コロナの感染拡大で外出制限が続く英国で13日、段階的な制限緩和の第1段階として自宅勤務ができない人の出勤が始まった。世界で2番目に多い死者が増え続ける中、ジョンソン首相は緩和策を慎重に進める考えだが、労働組合や地方政府から「拙速」との批判も上がっている。

 ジョンソン氏は10日、3月下旬から国民に課している外出制限を3段階で緩和すると発表。経済活動の再開に向け、政権が発信してきた「ステイホーム」のスローガンを変更し、自宅勤務が不可能な人に出勤を促す方針を示した。11日には建設や製造、物流など8業種について職場の感染対策の指針を公表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス