スポーツ

競泳の瀬戸らNTC再開要望 文科相に厳しい環境訴え

 アスリートとのオンライン意見交換に臨むスポーツ庁の鈴木長官(手前)と萩生田文科相(その奥)=13日午後、文科省(代表撮影)

 東京五輪の競泳男子金メダル候補の瀬戸大也、卓球男子の水谷隼ら4人が13日、萩生田光一文部科学相、スポーツ庁の鈴木大地長官とオンラインで意見交換を行い、緊急事態宣言を受けて事実上閉鎖となっている東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)や国立スポーツ科学センター(JISS)の早期利用再開を要望した。

 スポーツ庁によると、瀬戸は簡易プールを購入して自宅で練習している。競泳陣は1カ月以上、本格的なプールを使った練習ができない状況が続いており「一日でも早くNTCなどが使えれば」と同僚の声を代弁した。水谷もNTCで練習を再開したい考えを示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス