国際

米上院、ウイグル人権法案を可決 中国の反発必至、対立激化

 【ワシントン共同】米上院本会議は14日、中国新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族を弾圧する中国当局者に制裁を科すようトランプ政権に求めるウイグル人権法案を全会一致で可決した。中国の反発は必至だ。トランプ大統領は、新型コロナウイルス感染症対応を巡り対中批判を強めており、米中対立がさらに激化しそうだ。

 上院は、下院が昨年12月に圧倒的多数で可決した法案に修正を加えたことから改めて下院採決が必要になる。下院を通過すればホワイトハウスに送られ、トランプ氏が署名するかどうかが焦点となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス