国際

米、コロナでインサイダー疑惑 上院の委員長が一時離職を表明

 【ワシントン共同】米上院情報特別委員会のバー委員長(共和党)は14日、新型コロナウイルス感染拡大情報に絡む自身のインサイダー取引疑惑で連邦捜査局(FBI)が捜査を開始したことを受け、捜査期間中は委員長職から離れると明らかにした。

 米メディアによると、バー夫妻は新型コロナの影響で株価が暴落する前の1月末~2月中旬、最大170万ドル(約1億8千万円)の保有株を売却した。この間、政府当局者から新型コロナに関する非公開の説明を複数回受けていた。売却株には大手ホテルチェーンの銘柄などが含まれる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス