スポーツ

ジャンプ「体による部分大きい」 フィギュアスケートの基礎点変更

 国際スケート連盟がフィギュアで4回転ジャンプのルッツとループの基礎点をフリップと同じ11・00点に変更した来季の規定に関し、ビアンケッティ技術委員長が14日、公式サイトで「統計的に見ると4回転ループがおそらく最も難しいと思われるが、選手の体による部分が大きいのでこれらを同じ基礎点にした」と理由を説明した。従来と比べるとルッツが0・50点下がり、ループが0・50点上がる。

 3回転もルッツが5・90点からフリップと同じ5・30点になるが「シーズン中の調査で3回転のルッツとフリップは踏み切るまでの動きを含めた技術的な難度が同じだと分かった」と指摘した。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス