スポーツ

IOC負担表明を一定評価 東京組織委の武藤事務総長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は15日、国際オリンピック委員会(IOC)が来夏へ延期となった東京五輪に最大8億ドル(約860億円)を拠出する計画を発表したことについて、一定の評価を示した。インターネットを通じて記者団の取材に応じ、「組織委にとってもポジティブなものだ」と述べた。

 武藤氏は14日のIOC理事会で東京大会成功に向けた関係者の緊密な連携が確認されたとして謝意を表明した。一方、IOCが負担するとした大会運営費6億5千万ドル(約700億円)の詳細については「なぜ6億5千万ドルなのかはIOCに聞いてほしい」と述べるにとどめた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス