国際

ベルリン、飲食店2カ月ぶり再開 欧州主要国でいち早く日常回復へ

 営業を再開したベルリンのカフェで談笑する人々=15日(共同)

 【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンで15日、新型コロナウイルスの流行下で休業していた飲食店が約2カ月ぶりに営業を再開した。国内では新規感染者がこの1カ月間で約5分の1に減り、全ての店舗が再び営業できるようになった。店には客が戻り、欧州主要国として、いち早く日常生活の回復に向けて進んでいる。

 ドイツは早くから膨大な検査と患者の隔離を進め、充実した集中治療病床に重症者を収容して被害を周辺国より抑えてきた。3月に全土で導入した店舗の休業や市民の外出制限も奏功した。

 ベルリン西部の広場周辺では、通り沿いにカフェやレストランのテーブルが並び、客が食事を楽しんだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス