国際

トルコ、操縦士ら7月に初公判 ゴーン被告逃亡事件に関与

 【イスタンブール共同】前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件で、逃亡の経由地だったトルコの裁判所が、事件に関与したとされるパイロットら7人に対する起訴を受理し、7月3日に初公判を開くことが分かった。トルコメディアが15日、報じた。

 逃亡に使われたジェット機2機のパイロット4人と運航会社幹部1人の計5人はゴーン被告を密航させた罪に、客室乗務員2人は犯罪行為を通報しなかった罪にそれぞれ問われている。

 ゴーン被告は昨年末、保釈中にトルコ・イスタンブール経由でレバノンに逃亡した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス