スポーツ

MLB、コロナ対策選手会に示す ハイタッチ禁止、ベンチでマスク

 試合前にハイタッチを交わすダイヤモンドバックス・平野(中央)ら投手陣=2018年9月、フェニックス

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ機構(MLB)が新型コロナウイルス対策を選手会に提出したと16日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が伝えた。MLBは選手会に対し、今季の開催案を示し、7月上旬の開幕に向けて合意を目指している。

 67ページに及ぶ文書によると、試合中のベンチではプレーしている選手以外のマスク着用を義務づける。ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を保つため、控え選手が観客席に座る可能性もある。唾やかんだひまわりの種を吐くことやハイタッチを禁止し、グラウンド上でのメンバー交換も取りやめる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス