スポーツ

オリックス中川、守備力が向上 西武・中村の守りが手本に

 守備練習するオリックスの中川=京セラドーム大阪(球団提供)

 オリックスの2年目、中川圭太内野手は、三塁の定位置獲得を目指して守備力を向上させている。17日、京セラドーム大阪での練習後にオンライン取材で「以前とは違う感覚でできていると思う」と手応えを口にした。

 西武の中村剛也内野手の守備が手本になっているという。約100キロの巨体で豪快な打撃の印象が先行しがちだが、守備の技術もトップレベル。中川は「力感なくスムーズに始動していて、ハンドリングも柔らかい」と参考にし、自身の課題克服に役立てている。

 これまでと違い、この日から西村徳文監督ら首脳陣が見守った。中川は「(ファンに)元気な姿を見せたい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス