国際

ドゴールの対独反撃から80年 仏大統領、英雄の抵抗精神を称賛

 17日、フランス北部モンコルネ近くで行われた記念式典の会場に到着したマクロン大統領(中央)(AP=共同)

 【パリ共同】第2次大戦のフランスの英雄ドゴール将軍(1890~1970年)が1940年に国内へ侵攻したドイツ軍に反撃した戦いから80年となる17日、戦地となった北部モンコルネ近くで記念式典が行われた。国内外で新型コロナとの闘いが続く中、マクロン大統領はドゴールの「抵抗精神」を称賛した。

 今年はドゴールが40年6月18日に亡命先のロンドンからナチス・ドイツへの徹底抗戦を呼び掛けた演説から80年を迎えるほか、生誕130年、死去50年でもある「ドゴールの年」。マクロン政権はドゴールの指導力にあやかり、今回をはじめとした記念行事を通じ、国民結集を訴える考えだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス