スポーツ

阪神の高橋、レベルアップに励む 他球団の左腕投手参考

 キャッチボールする阪神の高橋=鳴尾浜球場(球団提供)

 阪神の高橋遥人投手は、同じ左腕の今永昇太投手や東克樹投手(ともにDeNA)らの映像を参考に修正に取り組み、レベルアップに励んでいる。17日までに広報を通じ「他球団の左投手の映像を見て、どういうふうに攻めているかを研究している」とコメントした。

 兵庫県西宮市の鳴尾浜球場でランニングなどを行い、調整。伸びやかな直球が自慢だが、投球の幅を広げようとカーブなどの緩い球の習得にも力を注ぐ。東の名前を挙げ「どの球種も武器になっていて、リリースのタイミングが一定だった」と飛躍のヒントとした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス