国際

対サウジ武器売却を捜査で解任か 米監察官、ポンペオ氏は報復否定

 【ワシントン共同】米下院外交委員会のエンゲル委員長(民主党)は18日、トランプ大統領に解任された国務省監察官に関し、ポンペオ国務長官が議会の審査を経ずにサウジアラビアなどへの武器売却を決めたことについて捜査していたと明らかにした。武器売却にはトランプ氏の意向が大きく働いており、この捜査が解任の引き金になった可能性があると指摘した。

 ポンペオ氏は同日、ワシントン・ポスト紙に対し、トランプ氏に監察官の解任を求めたと認めた上で「仕事ぶりが不十分だった」ことが理由で政治的な報復ではないと強調した。

 外交委は監察官が出した結論の詳細と解任の関係を調べている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス