国際

米大統領、抗マラリア薬を服用 毎日「予防」のため、懸念の声も

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として自らが推奨する抗マラリア薬を毎日服用していると明らかにした。効果や安全性を疑問視する研究結果も出ており、健康への影響を懸念する声も上がっている。

 抗マラリア薬はヒドロキシクロロキン。トランプ氏はホワイトハウスで記者団との質疑中「私も1週間半前から服用している」と唐突に表明した。多くの医師らも予防のために使っていると主張し、患者への投与でも「前向きな話を聞いている」と発言。

 11月の大統領選に向け早期の経済活動再開を促すため、治療薬としての有望性を宣伝する狙いもありそうだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス