経済

企業の株主総会、延期は3% 信託協会調査、6月集中に懸念

 株主総会の事務を担う信託銀行でつくる信託協会は19日までに、例年6月に開催される3月期決算企業の定時株主総会について、新型コロナウイルスの影響が続く中でも延期する企業が約3%にとどまるとの調査結果をまとめた。約95%は6月中に開くことを検討しており、同協会では新型コロナ対策が必要な中、開催事務が集中することに懸念を示し、分散開催を呼び掛けている。

 みずほ信託、三菱UFJ信託、三井住友信託の3行が総会事務を担当する企業は計約2400社。3・1%に当たる75社が、総会を延期するため株主の議決権などを決める基準日を変更したか、もしくはする方向だと答えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス