経済

シャープ社長に野村副社長昇格へ 戴氏は会長職に専念へ

 シャープの野村勝明副社長=2019年8月、東京都内

 シャープは19日、野村勝明副社長(63)を社長に昇格させる人事を発表した。戴正呉会長兼社長(68)は会長職に専念する。6月の株主総会を経て正式に決定する。同時発表の2020年3月期連結決算は当初の増収増益予想が一転、減収減益となった。新型コロナウイルスの影響で低迷する業績回復が喫緊の課題だ

 戴氏は親会社の台湾・鴻海精密工業出身。シャープが経営危機に陥り鴻海の傘下に入った16年に社長に就いた。

 20年3月期連結決算は、売上高が前期比5・4%減の2兆2712億円、純利益も71・8%減の209億円と減収減益だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス