経済

上場の地方銀行7割が減益・赤字 3月期、低金利にコロナ追い打ち

 東京証券取引所などに上場する地方銀行の2020年3月期決算が19日までに、ほぼ出そろった。決算を発表した76社の7割を超える56社が前期よりも純利益が減ったか、純損益が赤字に転落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券によると、純利益の合計額は前期比10%減の7640億円と4年連続で減った。超低金利で利息収入が低迷する中、新型コロナの影響による融資先の経営悪化に備えて貸倒引当金を積み増したことが追い打ちとなった。

 同証券は「上場地銀の純利益合計額は8年ぶりの低水準になった」と分析。地域経済を支える地銀の業績が一段と悪化すれば、融資姿勢にも影響が出かねない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス