経済

商工中金、融資5800億円超 コロナ危機対応、リーマンの3倍

 記者会見する商工中金の関根正裕社長=19日、東京都内

 商工中金は19日、新型コロナの感染拡大を受けた中小・中堅企業に対する実質無利子の「危機対応融資」が開始から約2カ月の15日時点で8098件、5839億円に上ったと発表した。金額ベースでは、リーマン・ショック時に手掛けた同じ融資の開始当初の2カ月間と比べ約3倍となった。

 危機対応融資は3月19日に始めた。公表した数字は、承諾済みで実行待ちの案件も含んでいる。申し込みは2万1896件に上っており、今後、一段と膨らむのは確実だ。

 宿泊や飲食、卸売りといった業種からの申し込みが多い。関根正裕社長は「自動車の下請けや鉄鋼など製造業からの相談が増えている」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス