経済

日銀、22日に臨時政策決定会合 中小企業の資金繰り支援強化へ

 日銀は19日、臨時の金融政策決定会合を22日午前9時に開くと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業などの資金繰り支援策を強化する。臨時会合は、欧州債務危機への対応を議論するために開いた2011年11月以来、8年半ぶりとなる。

 臨時会合では、政府が打ち出した中小企業や個人事業主への実質無利子・無担保の融資制度を後押しするため、融資を実施した金融機関に無利子でお金を貸す枠組みをつくる。枠組みは、4月27日の決定会合で黒田東彦総裁が検討を急ぐよう事務方に指示していた。

 日銀は経済危機に対応し、過去にも定例会合とは別に臨時会合を開いてきた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス