国際

米、対イランで中国企業に制裁 マハン航空の代理店担う

 【ワシントン共同】米財務省は19日、米国が制裁対象にしているイランの民間航空会社マハン航空の代理店業務を担ったとして、中国に拠点を置く企業を独自制裁の対象に指定したと発表した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引ができなくなる。

 ポンペオ国務長官は声明で「中国はイランのために、世界中で武器やテロリストを輸送するマハン航空を今も受け入れている数少ない国の一つだ」と強調し、中国政府の対応も批判した。

 財務省によると、マハン航空はイラン革命防衛隊の対外工作を担う精鋭「コッズ部隊」の活動などを支援。現在は南米ベネズエラへもチャーター機を運航している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス