国際

UAE、イスラエルへ初の直行便 エティハド航空、医療物資を輸送

 【エルサレム共同】アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空は19日、新型コロナウイルス関連の医療物資をイスラエルのベングリオン空港に運んだと明らかにした。イスラエルに隣接し、空港がないパレスチナ自治区に届けるため。UAEとイスラエルに国交はなく、AP通信によると、両国間で商業用の直行便運航は初めて。

 エティハド航空は「パレスチナに医療物資を提供するため、人道支援に特化した貨物便を(UAEの首都)アブダビから(イスラエルの)テルアビブに運航した」とする声明を出した。

 これまでパレスチナ自治区では、新型コロナに約390人が感染し、2人が死亡した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス