国際

米大統領「改善なければ脱退も」 WHOに警告、中国の影響力排除

 19日、ワシントンで記者団に話をするトランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日、世界保健機関(WHO)について「もっと公平になるべきだ。そうしなければ、もう関与しない」と述べ、30日以内に中国寄りの姿勢を改善しなければ脱退も辞さない考えを改めて示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 米国はWHOへの最大の拠出国。トランプ氏は18日夜に公表したWHOのテドロス事務局長宛ての書簡で、WHOが中国に毅然とした対応を取らなかったため新型コロナウイルスの世界的流行を招いたと批判している。

 トランプ氏は記者団に、改善されなければ「米国は別の道を行く」と訴え、中国の影響力排除を迫る姿勢を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス