国際

G7サミット、通常開催検討 米国で6月、正常化誇示へ

 トランプ大統領=18日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)について、6月中旬ごろに首都ワシントン近郊に各国首脳を招き、通常形式で開催することを検討していると明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大を受け、テレビ電話会議方式で実施するとしていた方針を見直す。11月の大統領選をにらみ、米国の正常化を国内外にアピールする狙いがある。

 トランプ氏はツイッターで、会場は大統領山荘キャンプデービッドになると説明。新型コロナを巡る治療薬やワクチン開発での協力や、世界経済回復に向けた取り組みなどが議題となるとみられる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス