国際

ギリシャ古代遺跡が再開 入場者激減、観光に打撃

 再開した古代遺跡アクロポリスを訪れた人たち=18日、ギリシャ・アテネ(ゲッティ=共同)

 【ローマ共同】ギリシャの首都アテネで20日までに、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2カ月以上閉鎖されていた観光名所の古代遺跡アクロポリスが再開した。パルテノン神殿が有名な同遺跡は世界遺産で、新型コロナ危機の前は1日平均2千人が訪れていたというが19日の入場者はわずか20人だった。地元メディアが報じた。

 ギリシャが加盟する欧州連合(EU)は域外からの不要不急の入域を原則禁止にしており、同国への外国人旅行者は激減。国内総生産(GDP)の約2割を占める観光業は大打撃を受けている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス