社会

北陸新幹線かがやき20本維持へ 需要回復を見込み、ゼロから一転

 JR東日本と西日本が、28日以降も東京―金沢間を直通する北陸新幹線「かがやき」を現状と同じ1日20本とする方針を固めたことが22日、関係者への取材で分かった。臨時ダイヤを0本と編成していたが、需要の回復を見込み撤回した。

 両社は今月13日、北陸新幹線では、定期ダイヤと比べ4割減の本数となる臨時ダイヤを発表したが、その後、緊急事態宣言の解除が進み、利用動向に変化が表れたため、運用しない方向で再検討。臨時ダイヤによる指定席発売は延期していた。

 宣言は14日に39県で解除された。JR東によると、前後で新幹線と特急の利用客を比較すると2~3割増えたという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス