国際

イタリア死者、1万9千人多いか 被害甚大だった3~4月

 4日、イタリア・ミラノの駅でマスクを着用した人たち(ロイター=共同)

 【ローマ共同】イタリア社会保険当局は22日までに、同国で新型コロナウイルスによる甚大な被害が出た3~4月、過去5年の同時期平均死者数をどれだけ上回ったかを示す「超過死者数」が約4万7千人だったと発表した。同時期の新型コロナによる死者は公式集計で約2万8千人だが、当局は残る約1万9千人の大半も感染死だった可能性が高いと分析した。

 感染者が集中する北部で超過死者数の増加率が特に高かった。実際は感染していたが自宅で死亡するなど何らかの理由でウイルス検査を受けられず、感染死として集計されなかった人が多数いるとみられる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス