経済

雇用調整助成金9月末まで延長 特例期間、新給付金も

 政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化し、労働者を休ませた企業に支給する「雇用調整助成金」について、6月30日までとしていた特例期間を9月30日まで延長する方針を固めた。日額上限(現在は8330円)は、4月1日までさかのぼって1万5千円に引き上げる。月額上限は33万円。

 企業から休業手当がもらえない労働者に対しては、休業した日数に応じ、賃金の8割を国が直接給付する。週20時間未満勤務の短時間労働者にも同じ条件で支給する。月額33万円が上限で、対象期間は4月1日~9月30日。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス