アビガン「5月中承認」は見送り 来月以降も治験継続と厚労相

 記者会見する加藤厚労相=26日午前、厚労省

 加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補アビガンについて「来月以降も臨床研究や臨床試験(治験)を継続し、有効性が確認されれば迅速に薬事承認を行う方針には変わりはない」と述べた。安倍晋三首相が目指すとした「5月中承認」は見送ることとなった。

 アビガンは富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザの治療薬。国内では藤田医大(愛知県)を中心に、無症状と軽症者を対象にした臨床研究が実施中。中間解析の結果を評価した第三者の委員会から「科学的に評価することは時期尚早」という考え方が示され、臨床研究を続けることになった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス