国際

英政権、国民の信頼低下 首相側近の違反外出に反発

 25日、ロンドンの自宅に着いたカミングス首席顧問(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】ジョンソン英首相の側近、カミングス首席顧問が、新型コロナウイルス対策の外出制限中に遠出した問題で、顧問を擁護したジョンソン政権が揺らぐ事態に陥っている。カミングス氏が自身の行動を正当化したことで与党内にも不満が残り、専門家らは国民が政府への信頼を失い、今後の新型コロナ対策を順守しない恐れもあると警告する。

 「辞任は考えていない」。25日、首相官邸で記者会見したカミングス氏は、感染症の症状を示す妻らと3月下旬、車で約400キロ移動した自身の行動を釈明。政府は当時既に国民に対し、離れて暮らす親類らと会わず、自宅内にとどまるよう要請した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス