スポーツ

39歳寺内、五輪飛び込みに意欲 延期で代表権の扱い未定に

 飛び込みの男子2種目で東京五輪代表に決まっていたものの、延期によって代表権の扱いが未定となった39歳の寺内健(ミキハウス)が26日、電話取材に応じ「白紙になったとしても、もう一度戦うという意思は変わらない。引き続き挑戦する」と6度目の五輪出場に強い意欲を示した。

 新型コロナウイルスの影響で休業した拠点、JSS宝塚のプールが25日に営業を再開。これまでは自宅でトレーニングを続けていたが、約2カ月ぶりに水中練習に臨んだ。「さすがに体はつらかったが、久々の水の中で、すがすがしさを感じた」と話した。

 延期にも動じず「もっと強くなるチャンスをもらった」と前向きだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス