スポーツ

東京五輪MTB代表に山本、今井 自転車連盟、現行の選考規定維持

 自転車マウンテンバイクの東京五輪代表に、男子の山本幸平(DREAM SEEKER RACING TEAM)、女子の今井美穂(CO2bicycle)が選ばれることになった。日本自転車競技連盟が26日、五輪の1年延期にかかわらず現行の国内選考規定を維持すると発表したため。山本は2008年北京五輪から4大会連続、今井は初めての代表入りとなる。

 新型コロナの影響で3月中旬以降は選考対象のレースが実施されていないが、選考対象期間を延長せずに5月28日までの国際自転車連合の個人ランキングを基に代表を選ぶ。日本の出場枠は男女とも開催国枠の「1」のみになる可能性が高い。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス