くらし

ダイオウグソクムシ2年ぶり排便 鳥羽水族館が確認

 餌を食べるダイオウグソクムシ=3月、鳥羽水族館(同館提供)

 三重県鳥羽市の鳥羽水族館は26日、飼育している深海生物ダイオウグソクムシの排便を2年ぶりに確認したと明らかにした。ダイオウグソクムシはダンゴムシの仲間としては世界最大。消化に時間がかかるため、めったに餌を食べず、排便のペースも遅いとされる。

 同館は5匹を飼育している。12日に飼育員が水槽に浮いている未消化の魚のうろこを見つけた。飼育する前に食べたものとみられ、便が確認できたのは2018年4月以来。

 担当学芸員の森滝丈也さん(50)は「今後、排便の中に餌として与えたものを確認できれば、消化に要する時間も分かり、生態解明の手掛かりになる」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス