スポーツ

阪神の福留、実戦形式で快音 順調に調整、ブランク感じさせず

 実戦形式の打撃練習で中前打を放つ阪神・福留=甲子園(球団提供)

 阪神の福留孝介外野手が26日、甲子園球場で行われた実戦形式の打撃練習で能見篤史投手から中前打を放つなど、順調な調整ぶりをうかがわせた。球団広報を通じ「自分のできることはしっかりと現状ではできている。後はゲーム感などが今後(の課題として)出てくる」とコメントした。

 実戦形式の練習が再開したばかりでも、ブランクを感じさせない。二盗を試みるなど、43歳の球界最年長選手が若々しく動き回った。開幕が6月19日に決定。「他のプロスポーツがある中で、先陣を切って開幕することになれば、しっかりとした覚悟、意識を持ってやっていかなければいけない」と気を引き締め直した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス