スポーツ

村田諒太選手「未来つくって」 総体中止の高校生にエール企画

 プロボクシングの村田諒太選手がボクシング部の高校生らに対して行ったオンライン授業の様子=26日

 新型コロナウイルスの感染拡大で夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)が中止となった高校生に、日本のトップ選手や指導者らがオンライン授業を行う企画が26日に始まり、第1回の講師を務めた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太選手が、全国の高校生にアドバイスを送った。

 全国高等学校体育連盟などがインターハイで実施される30競技に取り組む高校生を対象に企画した。この日は全国のボクシング部員40人が受講した。

 村田選手は、部活動の場を失った高校アスリートに「物事をどう捉えるかは個人の判断。未来をつくっていくことを考えた方がいい」と熱弁を振るった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス