スポーツ

西武の松坂、ブルペンで44球 「しっかり状態を上げていく」

 ブルペンで投球練習する西武の松坂=メットライフドーム(球団提供)

 西武の松坂大輔投手が27日、メットライフドームのブルペンで44球の投球練習を行った。チームを午前、午後に分ける分離練習が18日に始まってから3度目のブルペン入りで、感覚を確かめながら全球種を投げ「開幕までの少ない時間でしっかり状態を上げていけるように頑張る」とコメントした。

 14年ぶりに復帰した古巣で復活へ向け、キャンプから順調に調整を続けている。見守った辻発彦監督は「しっかり放れている。これだけ投げられているというのは、しっかり肩のトレーニングができているから」と高く評価した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス