国際

貧困の子ども8000万人増 コロナ影響、ユニセフ分析

 【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)と非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンは28日付で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による経済への悪影響により、貧困下の子どもが年内に最大8600万人増加する恐れがあるとの分析結果を発表した。

 分析によると、中低所得国の貧困ライン以下で暮らす子どもは年末までに6億7200万人に達する可能性があり、その3分の2はサハラ以南のアフリカと南アジアに住んでいる。増加率は欧州と中央アジアが最大44%と最も高く、中南米とカリブ海諸国は22%。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス