国際

スイス、非常事態宣言を解除へ 来月19日、制限の大半撤廃

 【ジュネーブ共同】スイス政府は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた非常事態宣言を6月19日で解除すると発表した。6日からは夏の観光シーズンに向けて登山列車も再開されるなど、3月中旬から導入されてきた各種制限の大半が撤廃される。

 周辺国との国境封鎖は、イタリアを除き6月15日に解除する予定。また7月6日までには「シェンゲン協定」加盟の欧州諸国と、入国管理なしでの往来が再開できるよう調整中としている。

 罰金対象となってきた公の場での5人を超える集まりも、今月30日からは30人までに緩和。6月6日からは大学での授業も再開される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス