政治

日本政府、中国に「深く憂慮」 香港に国家安全法導入、抗議せず

 記者会見する菅官房長官=28日午後、首相官邸

 日本政府は28日、中国による香港への国家安全法制導入に関し「深く憂慮している」(菅義偉官房長官)と表明した。秋葉剛男外務事務次官は中国の孔鉉佑駐日大使を外務省に呼び、こうした日本の立場を伝えた。一方、日中関係への影響を避けるため、抗議意思の伝達は避けた。制裁をちらつかせるなど態度を硬化させる米国との温度差をにじませた形だ。

 菅氏は会見で、治安維持を理由とした中国当局の香港介入を可能にする国家安全法制について「国際社会や香港市民が強く懸念する中で(採択が)なされた」と指摘した。「引き続き状況を注視するとともに、関係国と連携しつつ適切に対応する」とも述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス