国際

中南米1370万人が食料不足に コロナで社会的弱者、WFP警告

 27日、ショッピングセンターに入る際、体温検査を受ける客ら=ブラジル・ブラジリア(AP=共同)

 【サンパウロ共同】世界食糧計画(WFP)は28日までに、新型コロナウイルス流行により中南米カリブ地域で、ことし中に約1370万人の社会的弱者が深刻な食料不足に陥る可能性があるとする予測を発表した。WFPは地域の貧しい人たちや非正規労働者への食料支援が急務だと呼び掛けている。

 2019年にはWFPが活動する地域の11カ国で約340万人が食料不足に直面していたが、ことしは新たに1千万人以上が貧困と飢餓に追いやられる可能性があると指摘。この中には新型コロナ流行前から深刻な経済危機に陥っているベネズエラは含まれていない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス