北九州、新たな感染者が増加傾向 1週間で計69人

 生徒の新型コロナウイルス感染が確認された、市立中学校の職員室を消毒する作業員=30日午後、北九州市

 北九州市の新型コロナウイルス感染者は、再び増え始めた23日から29日までの1週間で計69人に上った。新たな感染者は日々増加傾向だ。市は30日も、感染が疑われる人を検査した。

 市によると、4月30日~5月22日は感染確認がゼロだったが、23日に3人の感染が判明。28日には21人、29日には1日で最多となる26人が確認された。69人は10~90代で、うち27人は感染経路が分かっていない。

 市は、門司区の門司メディカルセンター、小倉北区の北九州総合病院の医療機関2カ所と、八幡西区の特別養護老人ホーム「わかば」でクラスター(感染者集団)が発生したとみている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス