スポーツ

ロッテ井上、紅白戦で豪快弾 エアハイタッチ「すごい違和感」

 紅白戦で本塁打を放ち、ナインと「エアハイタッチ」するロッテ・井上=ZOZOマリン(球団提供)

 ロッテの井上晴哉内野手が30日、チーム練習再開後初めてZOZOマリンスタジアムで行われた紅白戦で本塁打を放った。2年目の中村稔弥投手の速球を豪快に左翼席へ運び「思ったよりも感覚は残っていた。寒い時期に仕上げるよりは、体が動けるようになっていた」と振り返った。

 新型コロナウイルス感染予防のため、ダイヤモンドを一周した後は、選手同士の手のひらが触れ合わない「エアハイタッチ」で喜び合った。「率直に言えば、すごい違和感。まあ、慣らしていくしかない」と戸惑いながらも、約3カ月遅れの開幕に向け「自分は野球しかない。野球を頑張ろうと思った」と実感を込めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス