スポーツ

ボッチャ日本代表がリモート合宿 広瀬「狭くても工夫」

 ビデオ会議システムを利用した「リモート合宿」で披露された、ミニチュアサイズのコートを使って対戦する「テーブルボッチャ」=14日

 ボッチャ日本代表は14日、選手の自宅などをオンラインでつないだ「リモート合宿」を報道陣に公開し、ともに前回リオデジャネイロ・パラリンピックのチームで銀メダルを獲得した広瀬隆喜(西尾レントオール)や杉村英孝(伊豆介護センター)らが練習の様子などを紹介した。

 ビデオ会議システムを活用。筋力トレーニングを一緒に行うほか、画像を共有しての戦術研究なども行う。この日は縮小版のコートを利用して行う模擬戦「テーブルボッチャ」の対戦も披露した。広瀬は「狭いスペースでも、どういう練習ができるのか工夫しながらやっている」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス