芸能・文化

歌舞伎座、8月再開へ 前例ない4部制公演、掛け声禁止

 東京・歌舞伎座

 松竹は29日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月から公演が途絶えている東京・歌舞伎座で、8月1日から約5カ月ぶりに歌舞伎公演を再開すると発表した。歌舞伎独特の客席からの掛け声は「お断りさせていただきます」としている。

 「八月花形歌舞伎」公演として松本幸四郎さん、市川猿之助さんらが出演。8月26日までの予定。

 これまで例のない4部制の公演スタイルにして、休憩なしで1時間程度の1演目を上演。入場者を入れ替え、清掃や消毒の後、次の部を行う。

 通常1~3階、立ち見も含めて約2千人が観劇可能だが、桟敷席や立ち見は入れず約820席に絞るという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス