経済

ヤフーとLINE経営統合に遅れ コロナ影響で審査に時間

 ヤフーの親会社Zホールディングス(ZHD)とLINE(ライン)は30日、新型コロナウイルスの影響で一部の国で独禁法に基づく審査に時間がかかっているため、今年10月を予定していた経営統合の完了が遅れると発表した。新たな時期は未定としている。

 計画では、ZHDの親会社のソフトバンクと、LINEの親会社の韓国IT大手ネイバーが共同で、6月までにLINEの株式公開買い付け(TOB)を開始することを目指していた。独禁法の審査が完了せず、30日時点でTOBを実施できていない。

 2社が一緒になれば、1億人超の利用者を抱える国内最大級のインターネット企業が誕生する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス