スポーツ

米、マイナーリーグは今季中止 コロナ禍で開催断念

 【ニューヨーク共同】米大リーグ傘下のマイナーリーグは6月30日、今季を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、メジャーとともに開幕を見合わせていた。大リーグ機構(MLB)からマイナー契約の選手、監督らを派遣しないと通告され、開催を断念した。

 公式サイトによると、マイナーリーグは1901年創設。3Aを筆頭に細かくクラス分けされ、米国野球の裾野の広さを支えてきた。

 各球団は独立採算制が基本で、MLBはマイナー選手に5月末まで週400ドル(約4万3千円)を補償した。日本勢では加藤豪将内野手がマーリンズとマイナー契約を結んでいる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス