国際

テロを正当化と記者に罰金刑 ロシア軍事裁判所、ラジオ発言

 6日、ロシアの軍事裁判所で判決言い渡し後、花束を持つプロコピエワ記者(AP=共同)

 【モスクワ共同】ロシアの軍事裁判所は6日、ラジオでテロを正当化する発言をしたとして、フリーの女性記者スベトラーナ・プロコピエワ氏に罰金50万ルーブル(約75万円)の判決を言い渡した。タス通信が報じた。ロシアでは言論の自由を占う事件として判決が注目されていた。

 プロコピエワ氏は、ロシア政府から「外国の代理人」に指定されている米政府系「ラジオ自由欧州・ラジオ自由」に記事を発表してきた。

 2018年に連邦保安局で少年が持ち込んだ爆発物が爆発した事件について、プロコピエワ氏は、政治活動の自由がないロシアで少年は意見表明のため事件を起こしたとラジオで発言していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス