社会

厚労省、性同一性障害を「病気」 ウェブサイト記載、意見受け削除

 性同一性障害を「病気」と表記していた厚生労働省の精神疾患に関するウェブサイト「みんなのメンタルヘルス」

 厚生労働省の精神疾患に関するウェブサイトで、性同一性障害を「病気」とする記載があり、インターネットなどでの批判を受け厚労省が文言を削除したことが8日、分かった。担当者は「ご意見を受け説明文を削除し、今後は現状を踏まえて更新する」としている。

 ツイッターでは「病気と扱われたのは昔」といった批判が当事者らから続出。厚労省は8日になってこれらの説明文を削除し、同日夜段階では該当のページは「改修中」となっている。

 世界保健機関(WHO)は「国際疾病分類」で性同一性障害を精神疾患の分類から外すことを決めている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス